© 2023 by Web-Designer. Proudly created with Wix.com

【速報】『2016東京ストリートカウント』を実施しました

2016.01.20

 

 

2016年1月12日~14日の3日間、渋谷・新宿・豊島の各区において夜間の路上生活者の人口調査を実施しました。以下に、調査の概要、方法および各区の調査結果(速報)をお知らせします。

■調査概要

今回のストリートカウントの対象地は、渋谷、新宿、豊島区の3区であり、それぞれの調査で必要とされるボランティア参加人数を渋谷区:28名、新宿区:34名、豊島区:22名、のように想定していました。実際には、この数字を越える延べ111名のボランティア参加者が集まり、カウント調査を実施することができました。研究者、支援団体のメンバー、学生、一般参加のボランティアの方々など、ホームレス問題に関心をもつ様々な立場の方々にご参加頂くことができました。

 

■調査方法

参加者は各グループに分かれ、徒歩班は区内中心部の各エリアを網羅的に調査、車班は徒歩班の調査エリア外における公園、駅、公共施設などを調査しました。目視による確認調査とし、路上や公園などで寝ている人、または調査時に寝ていないが、路上生活をしているとみられる人を以下の表に示す記録項目にもとづいて記録しました。

※小屋・テント、囲いのあるダンボール小屋などは、1人として記録。(目視による調査のため、中の確認等はしていない。)

 

■調査結果

対象とした渋谷・新宿・豊島区の3区において、計671名の路上生活をしていると思われる方が記録されました。内訳は、渋谷区189名、新宿区366名、豊島区116名であり、いずれの区においても昨年同時期の東京都の冬期路上生活者概数調査(昼間に実施(参考:路上生活者地域別概数調査一覧))の人数を大きく上回りました。

また、夜間の調査ということもあり、性別が確認できた方は全体の3割弱でした。その中では、いずれの区においても男性が大部分を占めています。

※データ精査の結果、性別内訳を修正しました。

(全体の人数の値については既報と変更ありません。)2016年3月5日更新

■今後に向けて

この結果を踏まえ、現状とこれからのホームレス支援に関して話し合う場を報告会というかたちで設定したいと考えています。この報告会は3~4月を目途に実施する予定です。

最後に、『2016東京ストリートカウント』にご協力・ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

開催日程】

2016東京ストリートカウント

2016年1月12日(火)-14日(木) 終電後

12日:渋谷区 /13日:新宿区/ 14日:豊島区

※当日、各区での詳細なプログラムはご協力頂く支援団体との調整後、掲載いたします。

 

【ボランティア募集】

 

※ボランティア募集は締め切らせていただきました。多数のご参加をいただきましてありがとうございます。

 

2016東京ストリートカウント実施にあたって、ご参加いただけるボランティアを募集いたします。想定している募集ボランティアの人数は以下の通りです。

12日 渋谷区:28名

13日 新宿区:34名

14日 豊島区:22名

 

◆参加の方法:左記フォームより、ご参加いただける日程を明記の上、ボランティア登録をお願いします。カウントに関するご質問やご意見などもお送りください。

◆当日の注意事項

当日の服装は、歩きやすく、寒くない格好(スニーカー、防寒具)でお越しください。また、安全確認や緊急時の連絡のため、携帯電話をお持ちください。(雨天時も決行致しますので、その際は傘、カッパ等お持ちください)

貴重品や大きな荷物の携行、事前登録のない人の同行、カメラ・ボイスレコーダーなど記録媒体の使用はご遠慮ください。

※ストリートカウント当日は1時間程度のミーティングを行います(深夜0時ごろ)。各日の集合と解散については、後日掲載いたします。またご登録いただいた方にはメールでお知らせいたします。

 

【2016東京ストリートカウント実施の趣旨】

 

「2016東京夜間ストリートカウント」は、1月に東京都が行う「ホームレスの実態に関する概数調査」の時期に合わせ、来年2016年1月に東京(新宿、渋谷、豊島区)での夜間路上生活者の人口調査を、各地の支援団体の方々と共に実施することを目指すものです。

 

東京都では、夏季(8月)と冬季(1月)の年2回、都内における路上生活者数を把握するために、道路・公園・河川敷・駅舎等の路上生活者の概数調査(ホームレスの実態に関する概数調査)を実施しています。しかし、東京23区の概数調査は昼間に目視できる路上生活者を数えたものであり、より実態に即した政策や支援活動を行なうために、夜間の路上生活者の人口を正確に把握する必要があると考えます。

 

また2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。過去のオリンピックでは開催都市でホームレスの人々を追い出す-排除-が起こりました。一方で、国際的な大規模イベントの実施は、ホームレス支援に向けた新たな運動や政策、セクター間の協働などにもつながりました。

 

今まさに、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた新たなアクションが必要だ、と考えます。この新たなアクションとして、またホームレスの実態把握に向けた第一歩として、東京都の行う概数調査と並行するかたちで、2016年1月の新宿、渋谷、豊島区の3区における夜間ストリートカウントを実施するものです。

このストリートカウントは、対象とする3区の支援活動団体の方々とARCHとの間で実現を模索し、共同して得られる結果から、今後の区や都に対する政策提言を行うことを目的としています。

【第2回 事前オリエンテーション】のお知らせ

2016東京ストリートカウントにご協力いただく支援団体の方、当日ご参加いただくボランティアの方を対象とした【第2回事前オリエンテーション】を下記の要領で実施いたします。具体的なカウント方法や、対象とするエリア等についてみなさまと検討する場にしたいと考えています。

◆日時:2016年1月7日(木) 13:00-14:30

◆場所:日本大学 文理学部キャンパス 本館 3階 H319 東京都世田谷区桜上水3-25-40

アクセス・キャンパスマップ:

http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/

http://www.chs.nihon-u.ac.jp/about_chs/campus_map/

【事前オリエンテーション】のお知らせ

2016東京ストリートカウントにご協力いただく支援団体の方、当日ご参加いただくボランティアの方を対象とした【事前オリエンテーション】を下記の要領で実施いたします。具体的なカウント方法や、対象とするエリア等についてみなさまと検討する場にしたいと考えています。

◆日時:2015年12月22日(火) 19:00-21:00

◆場所:東京工業大学大岡山キャンパス 西9号館402会議室

◆アクセス:

東急大井町線・目黒線下車

大岡山駅下車後、横断歩道を渡り東工大キャンパス内へ→本館前ウッドデッキ手前の坂道を右手に下る→食堂を右手に左折→西9号館正面玄関(地上階:2階)から入り、4階エレベーターホール横の402会議室

※西9号館は自動ドア横の手動ドアより入館できます。

キャンパスマップ